Raspbian Blaster Lite を Raspberry pi 3 model B に入れてみた雑感

Photo by hyt.

Raspbian Blaster Lite を Raspberry pi 3 model B に入れてみた雑感です.

Debian 10 Blaster って?

Debian 10 Bluster が出たのがつい何日か前だったような気がしてたんですが,Raspbian もいつの間にか Blaster ベースのものが正式リリースになってることに今日気がつきました.

From industries large and small, to the kitchen table tinkerer, to the classroom coder, we make computing accessible and affordable for everybody.

今日は少し時間があったので,Raspbian Blaster Lite を試しに空いていた Raspberry pi 3 model B に入れてみることにしました.

導入方法

至ってフツーです.ISO を上記サイトからダウンロードしてきて,Etcher

A cross-platform tool to flash OS images onto SD cards and USB drives safely and easily. Free and open source for makers around the world.

で 16GByte の microSD に書き込んで起動するだけです.

さすがに公式ディストリビューションなので,全く何もエラーなど表示されることなく起動して来ます.しかし,今までよりも起動に時間がかかっている様な…….起動後,

  • login: pi
  • password: raspberry

でログインできるのはこれまでと同じ.で,さっそく,

とすると,リポジトリを test から stable にするけど良い?って聞いて来ました.もちろん y と答えると,カーネル他のアップデートがかかりました.なお,このアップデート,あまり速くない microSD を使ってるからだと思いますが,かなり時間が掛かってしまいました.

予想外だったのは,Raspbian Blaster Lite だと最初は sshd が有効になっていないことです.

sshd を有効にするには,

から,5. Interfacing Options → P2 SSH を選んで有効化しないといけません.

最近は DietPi ばかり使ってて,Raspbian 入れるのかなり久しぶりなので,前からこうだったのかも知れませんが,ヘッドレスで導入できるとかなり面倒が減るので,これについてはかなり残念に感じました.

sshd の設定さえしてしまえば,あとは外の端末から ssh で設定できます.

再度,

として,4. Localisation Options から,

  • I1 Change Locale → ja_JP.UTF-8
  • I2 Change Timezone → Asias: Tokyo
  • I3 Change Keyboard Layout → PC generic de 105 tecles (intl.) → Japanees
  • I4 Change Wi-fi Country → JP

を,念のため,7. Advanced Options から,

  • A1 Expand Filesystem

を選択して再起動しました.

ネットワークの設定

次にネットワークの設定を行うため,再度,

としたのですが,なぜか,設定できるのは,

  • N1 Hostname
  • N2 Wi-fi
  • N3 Network interface names

の3つで,有線LANの設定がここからできません.

また,N3 の Network interface names は,説明を見ると,

Enable/Disable predictable network interface names.

となっていて,これだけ見ると,「ネットワークインターフェース名を 予測可能にするか否かを切り替える」ようみ見えます.試しに「予測可能」な方を選んでみると,再起動がかかり,有線LANのインターフェース名が,

eth0 → enxbbbbbbbbbbbb (bbbbbbbbbbbbb の部分は mac アドレス)

の様になっていました(最初何が何だか分からなかったのですが,よく見ると見たことのある様な感じのものだったので,mac アドレスと比較してみると,そのまま同じでした).

少し調べてみると,すでに obsolated とはなっていますが,

に説明があります.ナルホド,systemd だとこの名前のつけ方が標準になるんですね.知りませんでした.

なお,有線LANで固定アドレスを割り当てたい場合は,以前と同様に,

Raspberry pi3 に入れた Raspbian jes...

の通りにやれば良いだけですね.


ここまでくればあとは ssh 経由で色々みる/試すことができます.時間を見つけて少しづつ試せれば良いなぁ……と思う今日この頃です.

以上!

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement
Top