Raspbian jessie で bridge する備忘録

Photo by hyt.

Photo by hyt.

Raspberry pi3 に入れた Raspbian jessie で bridge インターフェースを利用する設定の備忘録です.

Debian 系だと,/etc/network/interfaces に bridge の設定と IP アドレス等の情報をまとめて記せば良かったのですが,Raspbian jessie の場合,固定アドレスを設定する場合は /etc/dhcpcd.conf に書くことになっています.

Raspberry Pi に固定IPアドレスを割り当てる方法(Raspbian Jessie) – Qiita
# 今回やりたいこと

有線LAN接続した Raspberry Pi に、固定IPアドレスを割り当てる

# ルーターのDHCPアドレス範囲を確認する

まずはルーターの管理画面にアクセスして、DHCPサーバーのアドレス範囲を確認しま…

じゃあ bridge インターフェースの場合はどのように設定するのかなと試してみました.

結論から言うと,bridge の設定は /etc/network/interfaces に,設定する固定アドレスの情報は /etc/dhcpcd.conf に書くで良さそうです.

詳しくは以下のとおり.

まず,bridge インターフェースを利用できる様にするために bridge-utils をインストールします.

それから,起動時にインターフェースが有効になるように /etc/network/interfaces に設定を追加します.

最後に割り当てるべきアドレスを /etc/dhcpcd.conf に記述します.最も先頭の denyinterface で eth0 と eth1 に dhcp で自動的にアドレスが割り当てられない様にしておきます.

bridge インターフェスのアドレスを dhcp で自動割り当てにする場合は denyinterface のみ記して何も書かなければ OK のはずです.

スポンサーリンク
large rectangle advertisement

フォローする

スポンサーリンク
large rectangle advertisement