HP Prodesk 400 G3 DM/CT 雑感

Photo by hyt.

職場の軽作業用として導入された HP Prodesk 400 G3 DM/CT の雑感です.いつもの通り結論から言うと,

キャンペーン価格なら小さくて作りも良いのでおススメできます!

スペックの概要は,

  • Windows 10 Home
  • Celeron® G3900T プロセッサー(2.6 GHz)
  • インテル® H270 チップセット
  • 4GB(4GB×1)
  • インテル® HD グラフィックス
  • 128GB SSD
  • USB3.1×4(前面2,背面2),USB2.0×2(背面),VGA×1,DisplayPort×1

で,今だとキャンペーン価格で4万円台半ばです.最も安い組み合わせだと 128GB SSD ⇒ 500GHDD となり,ギリギリ4万円切りますが,いまさらいくら軽作業とは言え,HDD モデルは起動や色々なもののインストールに時間が掛ってしまうので選択しませんでした.

製品ページは

容量約1リットル、モニターへのマウントなど多彩な設置方法を実現する超小型PC

ですね.

見ての通りとても小さな PC です.だけど,結構大きな箱で届きます.キーボードの大きさに合わせて箱の横幅を決めているようなのですが,なぜだか奥行きも結構ある箱で,実際に開けてみるとスカスカです.

届いた箱から取り出したものは以下の通り.

Photo by hyt.

キーボード,マウス,本体とACアダプタ,それと写真にはありませんが,説明書らしきものが入っています.で,ですね,

本体を含め,予想以上に高級感あり!

です.この作りならば,例えば液晶テレビの脇なんかに置いておいてもあまり違和感はないと思います.

インターフェースは前面に USB3.0 x 2 とヘッドフォン端子が何故だか2個あって,さらに裏面が

Photo by hyt.

のような感じになってます.なぜだかシリアルポートがある.いまだとなにに使うんでしょうねぇ…….あと左端に銀色の出っ張ったところがありますが,どうもこれはアンテナ端子カバーが来るとこみたいで,今回は無線LAN内蔵しなかったので,カバーが付いてこないのでこうなるみたいです.

空けるのも簡単です.中央部にあるネジを手で回し,ケースを手前に引っ張ると内部にアクセスできます.

Photo by hyt.

SSD や メモリの交換などがとても簡単にできます.なお,メモリは 4G のものが1枚ささっており,残りもう1枚させるよう空きスロットになっていました.

Photo by hyt.

CPU は G3900T と最もローエンドですが,事務作業をやる程度だと全く気になりません.

Skylake世代の最廉価モデルCeleron 3900Tを徹底検証。DDR4メモリとEU数の拡張でグラフィックス性能を中心に大きくパフォーマンスが向上。ローエンドモデルこそSkylakeがオススメだ

にもありますが,十分以上の性能だと思います.

本製品,個人的に不満なことは,DVI に標準で対応しないことと(displayport には対応)プリインストールソフトの多さでしょうか.ビジネスモデルなので,多くはないのですが,決して少ないとは言えない数のプリインストールソフトが入っています.おまけに何のためのソフトなのかすぐには分からないものもある…….

正直,ドライバ以外は入れるかどうか選択できるようにしてくれないかなぁ……って思う.ビジネスモデルなんだから,なおのことそう感じる訳ですね.

まぁ,PC 本体についてはこんなところなのですが,実は,邪魔にならないよう本製品専用のディスプレイ固定金具も買ってみました.どちらかと言うと,こちらの方がツッコミどころが多いので,別記事にして近く紹介する予定です.

以上

2017/12/15 追記:紹介記事を以下の通りアップしました.

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement