QNAP QTS4.3 設定備忘録

シェアする

Photo by hyt.

Synology DiskStation (DSM6.1) の設定備忘録に続き,今度は QNAP の QTS4.3 の設定備忘録です.前回の備忘録は

概要 職場で使う部門用ファイルサーバとして,Synology の...

です.

Firmware のインストール方法

QNAP が販売する NAS の設定は

  • クラウドインストール
  • Qfinder Pro を用いたインストール
  • ローカルインストール

の何れかで行うことができるようですが,今回選択した TS-131 には HDMI 出力が無いのでローカルインストールはできません.

Photo by hyt.

なので,クラウドインストールか QFinder Pro を使ったインストールになります.

前回と同様,単なる部門のファイルサーバーとして設定するだけなので,クラウドと連動するQNAP のアカウントが必要なクラウドインストールはこれまた前回と同様にやりたくない.必然的に,Qfinder Pro を用いたインストールを選択することになります.

Qfinder Pro は Windows/Mac/Linux それぞれに対応するプログラムが用意されており,

QNAP NAS 簡単設定

からダウンロード・インストールして使用しますが,これは単にLANに接続された QNAP を検索するだけのもののようで,

Photo by hyt.

設定を行いたい QNAP の NAS を選択して現れる,NAS の Firmware のインストール画面は NAS 本体が持つ Web ページです.

と言うことで,実は

QFinder Pro が無くても直接本体 Web ページにアクセスすれば初期設定は可能です.

本体の IP アドレスは DHCP で設定されますが,そのアドレスが 192.168.0.100 の場合は

Photo by hyt.

が Firmware のインストールページです.[Start] ボタンで Firmware インストールが始まります.Firmware はネットからダウンロードされ,インストールされるようですが,今回はネットに接続が無かったので,”Manual Installation” を選択して,http://www.qnap.com/download から Firmware をダウンロードしてインストールしました.

Photo by hyt.

初期設定

Firmware のインストールは10分程度で終わり,ここからは初期設定を行うことになります.

Photo by hyt.

設定順は以下の通りです.

  1. NAS名と admin のパスワードの設定
  2. TimeZone と NTP Server の設定
  3. IPv4 アドレスの設定
  4. Cross-platform file transfer service の設定,要するにファイル共有サービスの選択
  5. DISK の設定
  6. 確認

標準の設定と,実際の設定内容は以下の通りです.

  • 項番4は標準だと Windows + Photo Station + Music Station + iTune Server + DLNA Media Server + Download Station が選択されており,Windows ファイル共有(SMB/CIFS, File Station, FTP)は必須.Mac と Linux をさらに選択すると,AFP, NFS がさらに加わる.Windows の共有以外全てチェックを外した.
  • DISK の種類は Static Volume, Thick Volume, Thin Volume の選択.今回は Static Volume を選択した.

設定後3分ほどで,再起動がかかります.なぜだか相当に時間がかかりました(標準の待ち時間をはるかに超える時間がかかった)が,最終的にすごくグラフィカル以下のような QTS のスタートページが表示されました.

Photo by hyt.

ここから QTS のデスクトップ画面に admin でログインできるのですが,何と,初回ログイン時にいきなり QTS beta プログラム参加募集が表示されます.

Photo by hyt.

これはもちろん「いいえ」を選びます.次に「クイックスタート」画面が表示され,出来ることの紹介がありますが,設定が必要な項目はありません.で,この後にやっと,QTS のデスクトップにたどり着きました.

Photo by hyt.

雑感

Synology と同様,あっという間に設定できてしまいます.初期設定時に beta プログラムへの参加が促されるなど幾つか「え〜」と思う部分が無いとは言いませんが,全体としては非常に良くできていると感じます.

さて,前回は Synology,今回は QNAP と同様の位置づけの製品を立て続けに紹介しました.前の記事で書いた通り,最終的には Synology を選択したのですが,これが何故なのかはまた後日,紹介したいと思います.

スポンサーリンク
large rectangle advertisement

シェアする

スポンサーリンク
large rectangle advertisement