Logicool KEYS-TO-GO 雑感

Photo by hyt.

Photo by hyt.

気が付けば Logicool ばかり… の第3弾は,Logicool KEYS-TO-GO です.Bluetooth キーボードですので,Windows 等でも使えはしますが,実質 ios (iphone, ipad, AppleTV)専用のキーボードです.

いつもの通り,結論から書くと,

薄くて軽くて防水で.電池持ちも良く実用的.でも使い易くはない.

です.

誤解しないで頂きたいのですが,この類の,防水で外で使えるキーボードとしては今まで使った中で最も使い易い.FrancFranc に同じようなラバータイプの防水キーボードが売っていましたが,全く実用性は異なります.でも,ノートPCのキーボードのようなものを想像するのは間違っています.

このキーボードは,外出時に長いメール等をどうしても送りたいというときに使うものだと思います.このためのキーボードとして,これ以上のものは無いと思う.と言うのも,

  • iPad にしろ iPhone にしろ,メインは閲覧ですので,重いキーボード付きカバーは向かないと思います.つまり,キーボードは別に持ちたいので,セパレートタイプが良い.
  • とても薄くて軽い(180g)ので,小さなカバンでもそれほど邪魔にならない.
  • スイッチで電気を切れます.1度充電しておくと,しばらく充電を忘れていても大丈夫です.滅多に使わないせいか,いつ充電したのかわからないくらい放置していても使えてしまいます.
  • Bluetooth キーボードです.ワイヤレスで使える.
  • 充電は MicroUSB です.
  • 防水ですので,濡れても気にならない.

からです.特に,滅多に使わないが,いざというときに使う機器として,充電を忘れていても何とかなるのがとても良い.

Photo by hyt.

Photo by hyt.

Photo by hyt.

Photo by hyt.

しかし,このキーボード,決して使い易いとは言えない.ほぼ ios 専用のキーボードですが,その ios が物理キーボードと相性が悪いからです.私は日本人ですので,

  • 漢字と英数の切り替え
  • 全角のスペース

を多用します.しかし,この2つが ios では非常にやりにくい.

漢字と英数の切り替えは,専用のキーが通常のキーボードだと [F4] に相当する位置に用意されていたのですが,ios のバージョンが 9 に上がり,仕様変更で使えなくなったことも影響して,漢字と英数の切り替えにやたらと手間取ってしまいます(絵文字が切り替え候補に入っているのも原因の一つですが,デフォルトでこの状態なんですよね).また,全角のスペースはどうやったら素直にできるのかが未だに分からない,という状態です.

せっかく出来の良いキーボードだと言うことで,android 系で使うことも考えたのですが,やはり,特殊キー等互換性がほぼ取れておらず使い難い.

うーん,ios のこの辺はどうにかしてほしいところです.中にはこんなページを作っている方もおられるくらいですしね.

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement