EPSON LX-6050MF 雑感

Photo by hyt.

EPSON LX-6050MF 雑感です.

最近職場の大型複合機が一斉に入れ替えになったんですが,いままでと違って,全部レーザー複合機じゃなくて,一部インクジェット複合機になりました.

導入された複合機は,EPSON の LX-6050MF です.

100枚/分、75枚/分、60枚/分という別次元の生産性を高画質、低コスト、高い環境性能で実現する、「LX-10050MFシリーズ/LX-7550MFシリーズ/LX-6050MFシリーズ」のご紹介です。
印字品質

早速使ってみた感想なんですが,

印字品質レーザー複合機と変わらない!

です.ものすごく驚きました.

実際に比較したものが以下の通り.片方は LX-6050MF で,もう片方は同時に導入された KM 社の同価格帯のレーザー複合機のものです.

Photo by hyt.

Photo by hyt.

Photo by hyt.

いままでインクジェット機ってなんとなくソフトな仕上がりで,レーザーのクッキリした印字とは全く違うなぁ……と思っていました.確かに並べられると少し印刷結果に違いがあるのがわかるんですが,どっちがインクジェットでどっちがレーザーかと言われても正直私にはほぼ見分けがつきません.と言うか,確か上の写真だと左側(上側)が LX-6050MF で右側(下側)が KM 社のレーザー複合機だったはずです.

もちろん全く見分けがつかないわけじゃありません.実際,裏写りは以下の通りインクジェット機の方ほんの少しある.

Photo by hyt.

しかし,実用上全く問題になるようなレベルではないです.人によっては気になる人もいるかもしれないですけどね.

印刷速度

次に驚いたのが印刷速度です.

LX-6050 は65枚機

です.だから6050という型番なわけですが,この上に75枚機の7550と100枚機の10050があります.

さて,この印刷速度ですが,レーザー複合機で同じ速度のものを買おうとすると,ほぼ最上位機種選ばなきゃならなくなって,価格は倍以上になってしまいます.

おまけに,

スリープからのファーストプリントも速い

です.

これは仕組み的にもそりゃそう(レーザー複合機は焼き付けですから,ある程度温めないといけないが,インクジェットは吹き付けなので即出力できる)なんですが,実際体感としては同時期に導入されたレーザー複合機の半分くらいの時間です.

連続出力の速度も重要ですが,実際に使う場合はファーストプリントが速いってのもありがたい.ますますインクジェット機で良いような気がしてきます.

印刷費用

印刷費用はだいたいA4モノクロ1枚1.5円くらいでしょうか.これはKM社のレーザーとあまり変わらないです.

と言うか,安くなりましたねぇ…….

実際家庭用のプリンターも1枚1円くらいで印刷できるようになってきましたので,当然業務用も価格を下げてきたということでしょうね.

EPSON のインクジェット複合機 EW-M630TW の雑感...

しかし,この価格でどの程度の利益が出るんでしょうか…….と言うか,これまでのカウンタ料金ってどれだけ利益を乗せてたんでしょうかねぇ.

まとめ

と言うことで,数年前までは業務で使う印刷といえばレーザーじゃないと……と思っていましたが,新規導入された EPSON LX-6050MF でそんな感覚なくなってしまいました.

印字品質と印刷コストは既存のレーザー複合機と変わらないですし,印刷速度はレーザー複合機より速いです.

もちろん業務用複合機の世界はサポートがどれだけしっかりしているのかもとても重要ですし,耐用年数近くまで使った場合の故障率がどの程度なのかなど不明な部分もあります.

既存のレーザー複合機メーカーはこの辺りこなれているので,少々速度的に劣っていてもそう簡単には置き換えは進まないかも知れませんが,表面的な機能というか性能はすでに追い付いています(いや,追い越しているのかもしれない).

既に家庭用だとプリンターと言えばインクジェット機ですが,業務用でもそう遠くない将来そうなってしまうかも知れないですね.

EPSON のインクジェット複合機 EW-M630TW の雑感...

にも書きましたが,既存の複合機の市場,やっぱり「終わりが始まっている」感じがします.

以上!

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement
Top