我が家の携帯契約考 17年2月版(MVNO編)

Photo by hyt.

我が家の携帯契約考 17年2月版(大手編)の続き.

我が家は現在 Softbank で契約した iPhone6 を...

大手キャリアと契約すると全くこれまでの支払い水準を保てないことが分かりましたので,格安 MVNO で試算してみます.

とは言っても,MVNO は数が多いため,何かの条件を付けないと絞り込めません.我が家の場合,家族間の連絡は未だに短時間の「通話」が多い(LINE とかは妻が何故か未だに受け付けない)ので,

通話し放題が違和感なくできること!

という条件で契約できるところを考えてみます.

結果,絞り込まれたのは,

  • Y! mobile
  • UQ mobile
  • DTI sim

の3社です.それぞれ,

Y! mobile と UQ mobile の場合

それぞれ Softbank 系と au 系の格安 MVNO ですね.それぞれの公式サイトは

となります.

で,この2社,どこ系列の会社なのかを除けば契約プランの内容はソックリです.我が家は現在 Softbank で,同系列の会社への MNP はあまりメリットがありませんので,必然的に UQ mobile を選択することになります.

月々の支払いは,

おしゃべりプラン(1年目) 1,980円
おしゃべりプラン(2年目) 2,980円
ユニバーサルサービス料 3円

です.何とこれに端末代金も含まれているようです(どれでも選べる訳ではない).この金額で選べる端末の選択肢として,

  • iPhone 5s
  • P9 lite PREMIUM
  • AQUOS L

等がありますが,性能的には中華スマホの P9 lite PREMIUM が最も高そう.MNP 転出料金や事務契約手数料が6,000円程度かかりますので,2年間の累計額は,

(1,980円×12回 + 2,980円 × 12回 + 3円 × 24回 + 6,000円) × 1.08(消費税) × 2人 = 141,523円

です.これで5分とは言えかけ放題がつきます.さらに今まで使っていた iPhone6 も手元に残ります.我が家だとこれで十分なので,これで試算を終えても良いのですが,DTI もついでに見積もってみます.

DTI sim の場合

docomo の MVNO は色々あるのに,何故だか「通話し放題を違和感なくできそう」なのは DTI sim しかありません.で,DTI の場合面倒なのが,端末を自分で調達しないといけないことです.

従ってここでは iPhone SE で見積もることにします.iPhone SE の価格は,税抜き44,800円で,さらに月々の支払いは

利用料(基本料金) 1,200円
でんわかけ放題 780円
ユニバーサルサービス料 3円

です.さらに,事務手数料の割引があって,MNP 手数料と合わせ3,500円が必要.従って,2年間の累計は,

(1983円 × 24回 + 3,500円 + 44,800円) × 2人 × 1.08(消費税)= 207,127円

です.まぁ,この場合も iPhone6 が手元に残りますし,iPhone 以外のもっと安い,それこそ P9 lite あたりを選べば4万円程度は下がりますので,これはこれで十分ありです.

結論

表面的にみると最も安いのは UQ mobile ですね.ただし,端末が iPhone6 から iPhone 5s か P9 lite とかになりますので,それに耐えられるかどうかですね.

今のところ試算をしただけで,実際の入れ替えはまだなので,結論がどうなるかは分かりません.しかし,放置した場合と大きく価格が異なりますので,何らかの入れ替えは確実にやることになると思います.と言うことで,最終的にどのような結論になるかはまた後日ということにします.

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement