ANKER SoundCore ポータブル雑感

AnkerSoundcore

Photo by hyt

Amazon で売っている ANKER SoundCore ポータブル Blutooth 4.0 スピーカーが少し前に2,999円と安くなっていたので捕獲してみました.現在は3,999円ですね.

うん.値段から考えたら信じられないクオリティです.良い点は次の通り.アマゾンのレビューにもありますが,

  • 高級感があるとは言えませんが,外観と作りに安っぽさはありません.
  • とにかく電池がもちます.公称24時間は凄い.
  • ライン入力あり(だから買ったんですが…).
  • マイクあり.

音についてはもちろん高級ヘッドフォン等と比べると劣りますが,BGMとして流す程度であればこれで十分です.以下ちょっと注意が必要なのは…

  • 電源を入れる「ピボ」という音がかなり大きい.調整も出来ないっぽい.
  • Bluetooth 接続されたことを示す「ビポ」という音もかなり大きい.
  • ボタンが結構硬くて押しにくい.
  • USB充電口とライン入力口が近く,使うコネクタによっては干渉して同時に刺せない.
  • USBケーブルは付属しますが,充電用のACは付属しません.

あと,これは色々みてもわからなかったのですが,

  • 多分マルチペアリングには対応している(4台は確かめた.これ以上は対応機器が無いので不明).
  • マルチポイントには対応していない(これも確かめた).
  • Bluetooth とライン入力が同時につながっている場合は,Bluetooth が優先される.ただし,これはBluetoothから「実際に」音が流れているときだけで,音が流れなくなると自動的にライン入力に切り替わり聞こえてくる.これは Bluetooth ペアリングが維持されていてもこうなる.

上の3番目はかなり意外でした.もともとは,DELLのモニタにHDMI入力されている機器の音を出力する目的で買ったものなのですが,ライン入力とBluetoothはどちらが優先なのかを調べようと思い試してみて気がついたことです.

てっきり,ライン優先か,Bluetooth優先かのどちらかだと思っていましたが,完全では無いにしろ両立しています.ミキシングされて聞こえればより面白いと思ったのですが,これはこれで結構使い出があります.

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement