VAVA インテリアライト VA-HP008JPW 雑感

Photo by hyt.

AMAZON で売ってる VAVA インテリアライト VA-HP008JPW の雑感です.私が買ったものでは無くて,妻が夜足元を照らすのに買ったものなのですが,

安い割には良い

というお品です.

お値段2000円程度位です.写真の通り下部ブラスチック部分の色が白のものの他,薄い青と薄いピンクのものがあるようで,発売元は,NEARBY DIRECT Japan

というところのようで,聞いたこと無かったんですが,調べてみると,

  • RAVPower
  • TaoTronics

なんかの日本の販売代理店をやってるところみたいですね(多分).

AMAZON の販売ページで見てみると,なんか安っぽく見えるのですが,実際の質感や見た目は結構良い.パッと見た感じだと,もっと高価な品かと思いました.

まぁ,この価格帯の製品なので,スマホなんかと連携する機能などは持っていませんが,ライトとしては十分多機能です.操作方法は以下の通り.

  • 製品上部を2回タップすると,ライトの ON, OFF が切り替わる.
  • 製品上部を指で押さえつけると,その長さに応じてライトの強弱が変化する.
  • 側面 VAVA と書かれている部分に触れると,昼光色と暖色の切り替え.
  • 底面元電源スイッチあり(下の写真参照).

です.

Photo by hyt.

下部元電源スイッチ部ラテックス(だと思う)に環状の切れ込みが入っていますが,これはおそらく

Photo by hyt.

みたいな使い方ができるようにしているものだと思います.

電源は,リチウムイオンバッテリー内蔵,充電して使うものなのですが,Android スマホと同様 MicroUSB ケーブルで行います.最も明るいと5時間,暗いと80時間電池が持つようなので,使用可能時間に不満は無いのですが,付属品として,MicroUSB ケーブルしかついて来ません.つまり,充電アダプタは付いてこないので,これは自分で用意する必要があります.

Photo by hyt.

まぁ,普通は持ってると思うので,問題は無いのだと思います(我が妻はよくわからなかったみたいですが……)

IP65 の防塵・防水性能とのことなので,台所等において飛沫が掛かる程度は大丈夫なのもよいところなのですが,なぜか本製品,販売ページを見てもどの程度の明るさなのかの記述がありません.仕方が無いので,実際に試してみると以下の様な感じです.

昼光色で最も明るい (Photo by hyt)

昼光色で最も暗い (Photo by hyt)

暖色で最も明るい (Photo by hyt)

iPhone 7 で暗い中撮った写真ですので,色調が補正され,昼光色と暖色に差があまり無いように見えますが,目で見た場合はハッキリと色調の違いが分かります.また,最も明るい場合と最も暗い場合は明らかに照らし出される範囲が異なっていることが見て取れると思います.

感覚的には,最も暗い場合でも,夜足元を少し照らすライトとしては十分な明るさがあり,最も明るくすると,ある程度大きな部屋でも全体が見まわせる程度の明るさがある感じです.

非常に安価で手軽,かつ明るく,充電式で十分な時間使用可能です.最近の LED とバッテリーだとここまで出来るのかととても感心しました.懐中電灯代わりにもなりますし,足元用,災害用として全く損がないように思います.

以上

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement