Mac のターミナルの tmux で open コマンドを使えるようにする他の備忘録

Environment
Photo by hyt.

Mac のターミナル上の tmux で open が使えるようにする

MacOS 10.11.5 の tmux ターミナル上で open コマンドが使えない(今まで使えていた様な気がするのですが…)ときの修正についての備忘録.元はこの記事を参考にしました.

まず,エラーの内容は以下の通り.

The window server could not be contacted.  open must be run with a user logged in at the console, either as that user or as root.

修正は,

GitHub - ChrisJohnsen/tmux-MacOSX-pasteboard: Notes and workarounds for accessing the Mac OS X pasteboard in tmux sessions. Note: The pu branch (“Proposed Updates”) may be rewound without notice.
Notes and workarounds for accessing the Mac OS X pasteboard in tmux sessions. Note: The pu branch (“Proposed Updates”) m...

を使います.

$ brew install reattach-to-user-namespace
$ echo "set -g default-command \"reattach-to-user-namespace -l ${SHELL}\"" >> ~/.tmux.conf

として,ターミナルを再起動して終わりです.もともとこれは tmux で pbpaste とか pbcopy とかを使うための wrapper なんですね.と言うか,pbpaste と pbcopy がターミナルとクリップボードを連携させるコマンドだっていうのを初めて知りました.

Cygwin とクリップボード

ついでに Cygwin の場合を調べてみると… /dev/clipboard ってのが用意されてますね.

$ ls -alF > /dev/clipboard

等とすれば Windows のクリップボードに送られて,メモ帳などに張り付け可能です.でも,改行コードなどが UNIX 由来なので,対応したアプリケーションじゃないと見た目が崩れます.

ん~でもあまり使わないような気がします.上と同じことだと

$ ls -alF > filelist.txt

で良い訳ですしね.

Cygwin で open

Mac の open コマンドと同様のコマンドは Cygwin では cygstart です.私の場合は ~/.bashrc と ~/.zshrc に

alias open='cygstart'

とエイリアスを切っています.

Cygwin とレジストリ

Cygwin 上でファイルを探すために,find / -name **** としていて気が付いたんですが,レジストリもファイルとして扱えるんですね….例えば以下のようなことが可能です.

$ find /proc/registry -name Cygwin*
/proc/registry/HKEY_CURRENT_USER/SOFTWARE/Cygwin

ついでに,regtool なんていうコマンドも用意されている.これは結構便利かな.

Environment
スポンサーリンク
Following hyt!
hyt adversaria
タイトルとURLをコピーしました