♪AppleTV とプレゼン♪

Photo by Apple – TV AppleTV Remote MainMenu Movies

AppleTV 仕事に使ってますか?(何言ってんだコイツ)

AppleTV は言わずと知れた(知らないかもしれない)Apple のテレビの未来です.と言うか,これをTVとネットに繋ぐと,NetFlix, Hulu なんかの映像配信や,iTune や iPhone と連携して写真や音楽などを大画面TVで見ることができるというものです.現在,第3世代と第4世代が併売されています(以下は第4世代).もちろん第4世代の方が4Kテレビに対応していて高性能です.

Photo by Apple – AppleTV 4G Remote

iPhone につながるということは,iPad と Mac にもつながります.それも無線で.

Apple の端末(2011年以降だと思う)は,AirPlay という仕組みで,端末の画面と音を無線で配信(Wifi経由)する機能を持っています.

これまで,Wifi を使うということは,端末とAppleTVが同じLANにつながっていないと使えない,と思い込んでいたのですが,そうではないようです. 少なくとも,Apple の製品の場合は,AppleTV の電源さえ確保できれば,初期設定を除き,LAN(ネット)につながなくても端末の画面の配信が可能です.ただし,端末のWifi は有効にしておく必要(いわゆる WifiDirect と同じような感じ)がありますし,プロジェクタの入力にHDMIが必要です.

AirPlay に対応した機器は安いものも多いのですが,AppleTV のようにLANにつながなくても使えるものは他に知りません.と言うか,AppleTV には「会議室モード」というのもあって,明らかに仕事のプレゼンを考慮した作りになっています.さすが純正品です!. ということで,AppleTVをプロジェクタの所まで持ち込んで,iPad で PDF に直接書き込みながらプレゼンができるようになり,ずいぶん楽になりました.

なお,以下は AppleTV を持ち運んでプレゼンに使う人向けのオススメ.

  1. AppleTV を使うにはコンセントが要ります.で,初めから付いてくるケーブルは長くて太くて取り回しが悪いので,適当なメガネケーブルに変えたほうが幸せになれます.
  2. AppleTV には HDMI ケーブルが付いてきません.細いHDMIケーブルを確保しておきましょう.
  3. プレゼンに使うだけなら第3世代で十分です.4Kに対応したプロジェクタなんて普通は高価すぎて使えませんし,私は設置されているのを見たことありません.第3世代は安いですし,何と言っても軽いです.

と言うか,こんなものが 8000円ですので,もう PC でプレゼンする時代ではないと強く感じます.Microsoft は PowerPoint を iPad,iPhone に提供してますし,PC でプレゼンするとどうしても PC の側にはりつくことになりますが,無線で,しかも iPhone でやれば部屋中歩き回りながら,iPhone 振り回しながらプレゼンできます. 以前から,「プレゼン=PowerPoint 資料を見せること」というのには,違和感ありまくりで,プレゼンター(演者)に注目させてなんぼのもんと思っていましたが,やっと機器がそれに追い付いてきました.

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement