Let’s Encrypt 設定備忘録

Let’s Encrypt でこのサーバーを SSL 対応にした備忘録です.以下のページを主に参考にさせて頂いたのですが,certbot-auto コマンド以後なにもしなくても SSL 化されたページになってしまいました.凄い! 

まず,git をインストールし,certbot を /usr/local 以下に clone し,certbot クライアントが依存するパッケージを certbot-auto でインストールします.ディストリビューションによっては certbot が標準パッケージに含まれるようになっていますね.

しばらく待っていると,私の場合は初期設定がみつからないと出て,ドメイン名や E-mail アドレス,Apache の設定ファイルの選択や http と https を共存させるか否かなど順番に尋ねられました.で最後に,

と出て,httpd サーバーを起動し直したら既に https 化されてしまっています.最後に証明書の更新が可能かどうかのテストを行い,cron.monthly に更新用のスクリプトを登録して終わりです.

いままで何度か SSL のための証明書を Web システムに組み込んできましたが,やり方があまりにも違いますねぇ….簡単なんですがあまりにも自動化されすぎていて,トラブルがあったときに対処できるかちょっと不安です.

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement