MacOS Sierra にしたら再起動 ♪♪

Photo by hyt.

Photo by hyt.

珍しくとってもホット(だと思う)話題です.MacOS Sierra が無償公開されましたので,手持ちの MacBook Air 11inch Mid 2013 (Ei capitan) をさっそくアップデートしてみました.

で,結論は

MacOS Sierra をインストールしたら再起動しよう!

です.何言ってんのという感じですが,忘れてはいけないのは,MacOS Sierra をインストールした Mac だけじゃなくて,iOS 10 にした端末(iPhone とか iPad とか)もです.

とりあえず私の場合は再起動することで以下が解消しました.

  • Siri が言うこと聞いてくれない.
    → インストール後の強制再起動後もう一度再起動したら直った.
  • Universal Clipboard してくれない.
    → iOS 端末を再起動したら出来た.

両方とも今回のアップデートの目玉機能です.だから,アップデートしてすぐに試してみたのですが,何故か動かない.何か特別な設定が要るのかなぁと調べても何にもない.しばらくあれこれ試したのですが,再起動したらあっさりと直りました.

最近は MacOS も Windows も強制再起動以外で再起動する必要性をほとんど感じなくなってきましたし,iOS 端末の場合は,そもそも「再起動ってどうすんだっけ?」なんですけど,やっぱりオカシな場合はまず再起動してみるのは基本だな,と久しぶりに感じました.

さて,MacOS Sierra 自体の雑感は以下のとおり.

まず,アップデートから.約4.7Gのファイルのダウンロードにそれなりの時間がかかり,それからインストールにもそれなりの時間が掛かる.実際に掛かった時間は2時間半くらいでしょうか.基本的に放っておいたらいつのまにかアップデートされていた感じです.OS の入れ替えをやっているのではなく,Windows Update のちょっと時間がかかる版,という感じ.

アップデート後の最初の設定で印象に残ったのは,iCloud に「書類」と「デスクトップ」のファイルを全て同期させるかどうかです.新機能なのですが,残念ながらこれはキャンセルせざるを得ません.と言うのも,VMWare Fusion の仮想マシンの標準の保存先が「書類」フォルダです.容量が大きすぎて同期なんて出来ません.

でもこれ,Apple が悪いんじゃないと思う.何故だか分かりませんが,VMWare にしても Hyper-V にしても仮想マシンの標準的な保存先が「ドキュメント」(書類)ですが,どう考えても仮想マシンは書類じゃない.とは言え,面倒なのでそのままにしているのですが,いい加減移動させないといけない気がします.

初期設定後,簡単にアプリケーションの動作チェックをおこなったのですが,私が利用するものだと,動かないのはキーボード入れ替えアプリケーションの Karabina だけのようです.

Karabiner – OS X用のソフトウェア

すでに Karabiner-Elements が後継として開発中のようで,しばらく待てば良さそう.

で,アップデート後の使用感ですが,ほぼ Ei Capitan のときと変わらない.あえて言えば,smb 共有フォルダへのアクセスが今までよりもスムーズに感じる位でしょうか.あと見ての通り画面が赤い.赤っぽい画面というのは初体験なので,暫くこの壁紙のままで使ってみようと思います.

とりあえずこんなところです.また何か気がついた場合は追記します.

スポンサーリンク
large rectangle advertisement

フォローする

スポンサーリンク
large rectangle advertisement