iOS 向けの Keepass クライアントの備忘録

Photo by hyt.

iOS 向けの Keepass クライアントの備忘録です.

いつもの通り結論から言うと,

とりあえず KeePassium を使うことにしました.

MiniKeePass が開発終了!

私のメインのスマホはいまだに iPhone7 なんですが,昨日,その iPhone7 でパスワード管理ソフトである MiniKeePass を起動してみると,

MiniKeePass is being retired.

なる警告が表示されました.アプリのサイトを見ると,4月5日に ver. 1.7.3 に2年ぶりにアップデートされていたのですが,どうもこのアップデート,「開発終了」を知らせるためのアップデートだったようです.

MiniKeePass,iOS には珍しい広告表示なしの無償アプリで,しかもアイコンのデザインもシンプルで良かったので長いこと利用してきたんですが……ものすごく残念ですけど他のアプリに移行しないといけません.

と言うことで,いくつかの iOS 向け Keepass クライアントを試してみることにしました.

検討したアプリ

検討したアプリは以下の3つです.

Keepasium:

Keepass Touch:

Kypass 4:

他にもあるのですが,パスワード管理のためのソフトなので,安全でかつ安定してないと困ります.だから,ある程度長期間開発されていてそれなりにバージョンアップされているものから選びました.

Keepasium 雑感

まず,Keepasium ですが,製品の元サイトは,

で,お値段は以下のような感じです.ぱっと見,意外と高い感じがします.

  • Free
  • Premium: 200円/月,1,600円/年,3,300円/永遠
  • Pro: 5,500円/永遠

Free と Premium の違いは,

  • Free はパスワードデータベースが1個まで.Premium は制限なし
  • Free は Database Lock Timeout が上限1時間まで.Premium は制限なし
  • Premium だと Yubikey が使える.
  • Free だとパスワード付きの添付ファイルの preview に制限ありらしい

のようで,Premium と Pro の違いは,Yubikey の challenge-response support 対応以外はFamily License 付きの有料アプリかそうでないかの違いだけらしいです.

あと,今回検討した3つの中で唯一ソースコード が GitHub で公開されています.

使い勝手とデザインは悪く無いです.特にアイコンデザインは今回検討した3つの中では最もシンプルで私的には好みです.

注意が必要なのは,Touch ID/Face ID の動作です.少し分かり難い.

このアプリの場合,まず,Keepass の Database のパスワードをアプリが記憶するのか否かを

Settings -> Data Protection -> Remenber Master Keys

のON/OFFで制御します.これをOFFにすると毎回キーボードでパスワードを入力しなければいけません.Touch ID/Face ID はこのために使われる訳ではありません.

Touch ID/Face ID が使われるのは,このアプリを起動する PIN の方です.こちらは,

Settings -> App Protection -> Enable AppLock

でON/OFFを制御し,ON にすると PIN を設定した上で,Touch ID/Face ID を使うかどうかを制御できます.

つまり,Remenber Master Keys を ON にした上で,Enable AppLock と Touch ID/Face IDを ON にすれば,パスワードを打たずに生体認証で Database を開くことができます.

あと本アプリ,各種クラウドストレージに「間接的に」対応しています.

どういう意味かと言うと,どうも iOS の「ファイル」アプリ経由で各種オンラインストレージを参照する形になっています.つまり「ファイル」アプリから参照できるなら,本アプリからもデーターベースに直接アクセスできます.だから iOS に対応するクラウドストレージアプリをインストールされていると,本アプリでは何も設定することなくデータベースにアクセスできます.

これ,面倒がなくてとても良いです.

と言うことで,Keepasium,Free 版でも広告等ありませんし,個人で使う限りにおいて,Database ファイルを複数使い分ける必要性もない,そしてソースコードが公開されておりある程度は安心できるという意味ではとても良い選択だと思います.

あとは有料版のお値段をどう評価するかでしょう.アプリのお値段としては高めではありますが,セキュリティと使い勝手に大きく係るものなので,家族で使うのなら Pro のお値段はそんなに高くはない設定の様に思います.

Keepass Touch 雑感

次は Keepass Touch です.アプリのサイトは,

で,お値段と機能は以下の通り.

  • Free: 広告あり,AutoFill なし
  • 有料: 120円,広告なし,AutoFill あり

お値段的に迷わず有料版で良いと思います.また,(有料版を)使ってみた限りでは,アイコンの感じと言い,Touch ID/Face ID の使い勝手といい,MiniKeePass のものとほぼ全くと言っていいほど変わりません.MiniKeePass から移行する最右翼だと思います.

注意が必要なのは Import と自動同期の違いです.

本アプリ,単に Database ファイルを取り込む(Import)だけなら

Tap + button -> Import -> ブラウズ

の順にたどれば「ファイル」アプリ経由で任意のクラウドストレージにアクセスできます.しかし,これは Database ファイルをクラウドストレージから iOS に取り込んでいるだけで,同期はしてくれません.同期させるにはさらにその設定を Settings の該当項目から行う必要があります.

で,この自動同期,アプリのサイトには Dropbox と FTP と OneDrive が挙げられているのですが,何故か Settings には Dropbox と FTP しか同期項目がありません(あと Wi-Fi Sync ってのもあるがこれは多分ローカルのファイルサーバーに置いてあるものとの同期だと思う).

私の場合,OneDrive がメインのクラウドストレージなので,これはかなり困ります.まぁ120円なので,返金してもらいたいとまでは思いませんし,アプリサイトの2019年12月の書き込みを見ると,OneDrive の AutoSync は開発中との書き込みがあるので,いずれ対応するのだとは思いますが,いい加減だなぁ……と感じます.

お値段安いですし,MiniKeePass の使い勝手とほぼ変わらないということで,最初はこのアプリを使おうと思っていたのですけど,このあたりの姿勢が少しどうかなと言うことで,本アプリ,購入はしましたけど,実際に使うのは Keepasium の方になりました.

OneDrive の AutoSync の利用を検討している方については気を付けられてください.

KyPass 4雑感

本アプリ,アプリの元サイトは,

ですが,実際に購入して使ってみるところまでは行きませんでした.

上で紹介した2つのアプリと違って,本アプリ,無償版がありません.有償版(860円)だけ.あまり高くは無いですけど,気軽に試すことができないのは残念です.

機能をみる限りだと,気になる部分は,足りない部分として,なぜか現状 OneDrive への対応が明示されていないことでしょうか.

逆に,他のアプリだと見かけないのは,

  • VNC Viewer inside the app
  • SSH Viewer inside the app

だそうで,このアプリ単体で,SSH と VNC クライアントにも対応するということなのでしょうか.個人的には SSH と VNC は専用の別アプリを使うのであまり魅力的とは言い難い.

その他は上の2つのアプリとあまり変わらない感じがします.kdb4 とか kdb3 とかのサポートについても Keepasium は対応してますしね.

と言うことで,上の2つのアプリと比較すると,お値段的にも機能的にも本アプリを選ぶ理由は無いよなぁ……と(少なくとも今のところは)感じます.

こんなところでしょうか.また,何か思うところがあったら追加で書き加えようかなと思っています.

以上!

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement