Softether VPN で IPv6 Gateway 備忘録

Networks
Photo by hyt.

Softether VPN で IPv6 Gateway 備忘録です.

今回は結論だけ.

仮想 Hub の NoIPv6DefaultRouterInRAWhenIPv6 オプションが設定されていないかをチェック!

すると良いかもしれないです.

起きたこと

Softether VPN の bridge 機能を使って,遠隔地にあるネットワークに,手元にあるインテリジェントスイッチ(VLAN を設定できるスイッチ)の適当なポートから直接アクセスできるようにしたのですが,なぜか,IPv4 の情報は DHCP で設定されるのにもかかわらず,IPv6 は RA で IPv6 アドレスのみ設定され,ゲートウェイ情報が設定されません.

Softether VPN の場合,この辺りに影響しそうな,

  • ルーター要請・広告パケットをフィルタリング (IPv6)
  • DHCP パケットをフィルタリング (IPv6)
  • IPv6 ルータ広告からデフォルトルータ指定を削除 (IPv6)

などの設定項目は,「カスケード接続の設定」の「セキュリティ」ポリシーのところにあったのは知っていましたので,全て無効化しましたが,うまくいきません.

きちんと RA で IPv6 アドレスは設定されているのになぜこんなことが起きるのか相当に悩んだんですが,原因は,最初に書いた通り,

「仮想 HUB のプロパティ」の「仮想 HUB 拡張オプションの編集」から設定できる「NoIPv6DefaultRouterInRAWhenIPv6」が「1」に設定

されていたことでした.

初期設定

このオプション,私には設定した記憶が全くなかったので,試しに新しく仮想 HUB を作成して本オプションが設定されているかどうかを確かめてみたのですが,初期状態ではどうも「無効」,つまり「設定されていない」ようです.

と言うことは……自分で設定したということなのだと思うのですが……そもそも仮想 HUB の拡張オプション自体を設定した記憶がないんですよねぇ…….まぁ,人間の記憶なんてあてにならないものなので,間違いなく,どこかで自分で設定したんでしょうね.

以上!

NetworksServer
スポンサーリンク
Following hyt!
hyt adversaria
タイトルとURLをコピーしました