Volumio2 設定備忘録

Photo by deliyum.

iOS 用の定番 MPD クライアントの MPoD が将来的につかえなくなるとの通知があったので,改めてアプリストア等を見てみると,どうも,ダウンロードできなくなっているようです.

祭日が多く時間があったので,以前から興味を持っていた MPD(...

上の記事で書いた通り,MPD だけだと,Web ブラウザからコントロールできないのが微妙だなと思っていました.また,Volumio だと公式 iOS 対応アプリもあるようです.

ということで,改めて Volumio2 を Raspberry pi3 に入れてみることにしました.

インストール

インストールと最低限の初期設定はいろいろなところに書かれているので,ここではその詳細は省略します.簡単な流れは,

  1. firmware 書込み
  2. http://volumio.local アクセス
  3. Network ⇒ 固定 IP に書き換え,Wireless Network 無効化,HotSpot 無効化
  4. SYSTEM ⇒ Player Name 変更
  5. Appearance ⇒ Select Language 日本語化

という感じですね.わかり易い解説としては,

あたりを参考にすればよいと思います.

DNS の設定

Volumio2 の場合,固定アドレスの設定はWebの管理画面側から可能なのですが,なぜだか,DNSの設定は行えません.仕方がないので,ssh を使い,内部の設定ファイルを直接書き換えます.

でアクセスし(パスワードは volumio です),

のように書き換えればよいだけですね.

アップデート

Volumio2 はもともとが Raspbian Jessie ですから,当然 Raspbian と同様の方法でパッケージをアップデートできます.

なお,Web 設定画面の System Setting メニューの中に,「Check Update」があり,実際にここから Volumio2 のアップデートもできるのですが,このアップデートが Raspian Jessie のアップデートも含むものなのか,それとも Volumio2 向けに追加されている部分のみのアップデートなのかは把握していません.どっちなんでしょうねぇ???

追加パッケージの導入

カーネル等改造されていそうなので,普通にかどうかは分かりませんが Raspbian Jessie としてもつかえるみたいなので,最低限 ssh 経由で使うときに無いと不便なコマンド類を追加しておきます.

Volumio2 は avahi(Zero conf) で名前解決できるので,この辺りのトラブルシューティング用として avahi-utils を入れています.また,私の場合は vim が必須です.nano って使い辛く感じるんですよね.

とりあえず初期設定はこんなところです.ただし,このままだとストリーミングに対応できません.この辺りの作業については,別記事としてまとめて公開しようと思います.

PS. 2017/7/3 公開しました.

Volumio2 をストリーミングに対応させる備忘録です. ...

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement