Ubuntu on WSL を 20.04 から 22.04 にアップグレードする備忘録

Photo by hyt.

Ubuntu on WSL を 20.04 から 22.04 にアップグレードする備忘録です.

2022年4月25日に Ubuntu の長期サポート版22.04 がリリースされたましたので,さっそく手元の Ubuntu on WSL をアップデートしてみました.

なお,Ubuntu on WSL の公式サイトである Microsoft Store の

Install a complete Ubuntu terminal environment in minutes with Windows Subsystem for Linux (WSL). Develop cross-platform applications, improve your data science...

には sudo do-release-upgrade で最新安定板にできると書かれていますが,実際にはこれだけではちょっと足りません.sudo do-release-upgrade -d としないとダメみたいですね.

アップデート手順

アップデートの手順は以下の英語の記事

Learn the steps and commands to upgrade Ubuntu 20.04 LTS Linux WSL 2 or 1 to the latest Ubuntu 22.04 LTS version on Windows 11 or 10

そのままですが,途中の画面イメージを含めて改めて以下に示します.

まず,事前に 20.02 を最新版にしてから sudo do-release-upgrade -d とします.

すると,アップグレードの開始前に以下の通り表示されました.私の場合は約5GBのファイルがアップデートされるようです.コマンドラインで使うものしかないんですが,結構多いです.続行するため y を入力して ENTER を押します.

途中で sudoer の設定ファイルの更新をどうするのかを尋ねられました.特に sudoer の内容カスタマイズしたことないので,今回は設定ファイルごとアップデートしてしまうことにします.Y を入力して ENTER で続行です.

次はパッケージの削除確認です.「数時間かかることがある」との警告がありますが,私の場合はあっという間に終わりました.

最後に再起動確認です.もちろん Y を入力して ENTER を押し続行します.なお,実際に再起動はできません.エラーが出て停止しますが,これは WSL の場合正常な動きです.

実際,terminal を再起動して,アップグレードできたか確認すると,以下の通り 22.02 にアップデートできていることが分かります.

利用雑感

いまのところ,少なくとも私が使う範囲では特に何も問題は起きていませんし,なんとなく terminal の再起動後にプロンプトが表示されるのが速くなったような気がします.以前の環境を保存したままアップデートできるのはやはり手間がかからず嬉しいですね.

なお,重要な環境の場合はアップデート失敗したときのことを考えもちろんバックアップしてからアップデートするべきでしょう.もしくは Ubuntu 22.04 を Ubuntu と同居させるかです.

以上!

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement
Top