Windows Terminal 備忘録

Photo by hyt.

Windows Terminal 備忘録です.

これまで wsltty を使ってきたのですが,イマイチ起動が遅いのと,自動更新に対応してないので,Windows Terminal に乗り換えることにしました.と言うことで,その最低限の設定の備忘録ですね.

設定詳細

いきなりですが,Windows Terminal の設定ファイルである setting.json をそのまま載っけておきます.最低限見た目を整える設定のみ今回は行っています.

変更箇所は以下の通り.

  • 最初に WSL が立ち上がるようにした.
    → “defaultProfile”: “{2c4de342-38b7-51cf-b940-2309a097f518}”,
  • 標準のカーソル形状を■に変更した.
    → “cursorShape”: “filledBox”
  • 標準のフォントを Ricty Diminished Discord に変更した.
    → “fontFace”: “Ricty Diminished Discord”
  • 標準の端末色を One Half Dark にした.
    → “colorScheme”: “One Half Dark”
  • 標準でウィンドウの透過(90%)を有効にした.
    → “useAcrylic”: true,
    → “acrylicOpacity”: 0.9
  • WSL のホームディレクトリから起動するようにした.
    → “commandline”: “wsl.exe ~ -d Ubuntu”
  • WSL のアイコンを Ubuntu アイコンに変更した.
    → “icon”: “ms-appdata:///roaming/ubuntu_32px.png”

なお,追加の作業として,Ricty Diminished Discord フォントのインストールと,Ubuntu アイコンの配置が必要です.

まず,Ricty Diminished Discord フォントについては,

が元サイトとなります.

また,Ubuntu アイコンの設置については以下の通りです.

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement