Windows 10 が PR-400NE の VPN Service につながらない備忘録

photo credit: Windows 10 via photopin (license)

Windows 10 が PR-400NE の VPN Service につながらない備忘録です.

PR-400NE ってのは,NTTのフレッツ光に契約すると貸し出される GE-PON(ルーター)の一種なんですが,驚くべきことに,標準で L2TP/IPsec のサーバーになります.

コイツの設定の仕方は,

NTTのひかり電話ルータにVPNの機能が追加されたので設定をして外出先のネットワークから宅内のLANに接続します。 外出先のパソコン、スマートフォンやタブレットから自宅に設置してあるNTTのルータPR-400NEにVPNのL2TP/IPsecプロトコルを使って接続をして自宅のネットワークにつながっているパソコンのファ...

とか

に,詳しい画面キャプチャ付きで解説が見つかるのですが,なぜだか Windows10 から接続しようとしても「ネゴシエーションエラー」なるものが出て繋がりません.

色々試した結果,原因は,

Windows 10 の場合「チャレンジ ハンドシェイク認証プロトコル (CHAP)」に初期状態だと対応していない

ですね.

対応させるには,Windows の「設定」から,

Photo by hyt.

「ネットワークとインターネット」 ⇒ 「VPN」  ⇒ 「アダプターのオプションを変更する」と選択し

Photo by hyt.

対応する VPN アダプターの「プロパティ」から,

Photo by hyt.

「セキュリティ」タブを選んで,「チャレンジ ハンドシェイク認証プロトコル (CHAP)(H)」にチェックを入れれば OK です.

Photo by hyt.

なお,もしかしたら,さらに,

タイトルそのまま.なぜか Windows10 から,QNAP ...

に記した設定が要るかも知れません.また,恐らく PR-400NE 以外の GE-PON でも L2TP/IPsec に対応しているものは同様なんじゃないかと思います.

う~ん…….この前の記事と言い今回の事と言い,Windows は VPN にクセがありますねぇ…….

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement