NEC Aterm の無線LAN接続設定をいまごろになって理解した

Photo by Frank Wang on Unsplash.

もう長いこと自宅用のアクセスポイントとして NEC の ATERM シリーズを使っているのですが,これまで特に「らくらく無線スタート」とか「WPS」とか使ってませんでした.SSID と パスワードで接続してた訳ですね.

NECのWi-Fiルータ・モバイルルータ製品「Aterm(エーターム)」の情報サイト。11ac対応ルータ、モバイルルータ、ポータブルルータなど製品の詳細情報から、Wi-Fi(無線LAN)の便利な使い方まで豊富な情報を提供しています。

ところが最近 IOT なものとかが増えてきました.当然,画面もキーボードも無いので,SSID とパスワード入力して接続なんて出来ません.なので改めて「らくらく無線LAN」とか「WPS」とかの設定調べてみて色々勘違いしていたことに気が付きました.

ATERM が対応している形式

一応所有しているのは ATERM 1800HP2 ですが,他の型番のものもあまり変わらなさそうです.ATERM が対応している無線LANの設定方式は以下の3種類のようです.

  • SSID と PASSWORD による接続(メーカー依存なし)
  • らくらく無線スタート(ATERM の独自方式)
  • WPS(プッシュボタン方式)(メーカー依存なし)
  • WPS(PIN)(メーカー依存なし)

逆に対応してないのは,

  • AOSS(BUFFALO の独自形式)

みたい.

勘違いしてたこととして,まず,「AOSS」と「らくらく無線スタート」が同じだと思ってましたんですが,これ,NEC と Buffalo の独自方式で全く違うものみたいですね.

また,WPS PIN にのみ対応かと思ってたんですが,両方に対応してるんですね.と言うか,この WPS の PIN 方式ってのがよく分かっていませんでした.

WPS(プッシュボタン方式)って?

これは簡単です.例えば Windows 10 だと,該当の SSID を選んだ後に ATERM 本体の「らくらくスタートボタン」を6秒間押せば自動的に接続されます.

ただし,どうもこれは Windows 以外は対応してなさそうな感じ.また,どうも IoT 機器も最低限液晶画面くらいないと対応はできなさそう.何故かと言うと,最低限 SSID は選べなきゃダメだからです.

なお,ATERM の場合,設定の

  • Wi-Fi(無線LAN)設定
    •  WPS設定
      • PIN 方式

って部分に ✔︎ を付けてても付けてなくてもこの方式は使えるみたいで,逆に言うと,この方式は無効にできないってことだと思います.

WPS (PIN) 方式って?

これがまた大変複雑です.Wikipedia には「使われることは少ない」って書いてあるの納得してしまいました.でも IoT 機器で使える(対応できる)のはどちらかと言うとこちらの方式なんです(SSID の選択がいらない).

この方式には2つのモードがあります.

  • ATERM (親機)の PIN をクライアント側に入力する
  • クライアントの PIN を ATERM(親機)に入力する

の2つです.手順は,

にありますが,簡単にまとめると以下の通りになります.


ATERM(親機)の PIN をクライアント側に入力する場合

  1. 無線LANの暗号化を解除する.
  2. Wi-Fi(無線LAN)設定 → WPS設定 → PIN 方式に✔︎を入れる.
  3. Wi-Fi(無線LAN)設定 → WPS設定 → PIN方式(外部Registrar) に✔︎を入れる.
  4. Wi-Fi(無線LAN)設定 → WPS設定 → WPS の状態の✔︎を外す
  5. 設定ボタンと保存ボタンを押す.
  6. クライアントにPINを入力し接続する.

クライアントの PIN を ATERM(親機)に入力する場合

  1. Wi-Fi(無線LAN)設定 → WPS設定 → PIN 方式に✔︎を入れる.
  2. Wi-Fi(無線LAN)設定 → WPS設定 → WPS の状態に✔︎を入れる
  3. 子機のPINコードにクライアントの PIN を入力し WPS(PIN) 方式ボタンを押す.
  4. 子機の WPS モードを有効にする.

見ての通り,前者はあまりにも手数がかかり面倒で実質使えません.Windows ならこのやり方で接続できますが,普通のやり方では出来ませんし,おまけに PIN は入力しないといけない訳で,これなら SSID と PASSWORD を入力した方がましです.

ただし,「クライアントの PIN を ATERM(親機)に入力する」には意味があると思います.と言うのも,これだと画面も入力用のキーボードもない IoT 機器で使えるからです(実際使ってる機器もあります).

なお,PLANEX とかだと,PIN を発行する側を Registrar,PIN を入力する方を Enrollee に設定するみたいです.

う〜ん.どうなんでしょうねぇ……

WPS って,簡単に接続するための機能だと思うんですが,少なくとも PIN コードってとてもじゃないけどそうは思えません.正直 ATERMを含め無線LANアクセスポイントのメーカーのマニュアルの説明も分かりにくいですし,設定画面も何が何やら分からない.

まぁ,私の場合,接続は「子」から「親」にするもの,という固定観念があり,逆の「親」から「子」方向に接続しに行く(設定しに行く)という感覚が無かったってのもあるんですけどね.

以上!

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement