Google ドライブアプリで「クイックアクセス」からファイルを消す備忘録

Illustration by Vector Open Stock (2014) / CC BY 4.0

Google ドライブにある「クイックアクセス」に表示されているファイルの消し方についての備忘録です.

Google ドライブでは,良く使うファイルや最近使ったファイルが「クイックアクセス」に表示され,文字通りすぐにアクセスできるようになっています.しかし,試しに開いてみたファイルなんかも入ることがあるので,できればこういうファイルはこの欄から消してしまいたい訳です.もちろん,こういう場合は「削除」を選ぶんですが,なんでだか消えないファイルがある.ずっと何でだろうと思っていたのですが,原因は,

他の人が共有している自分に所有権のないファイルだから

でした.うん,消せないのは当然です.

しかし,何とかして「クイックアクセス」から消したい.これも,ずっと分かんなかった.答えは,

最近使用したアイテムから消せばよい

んですね.まぁ,気が付いてみれば「そりゃそうだ」です.

もちろん,自分に所有権がないのだから,実際のファイルは消えませんし,消せません.だから,検索すれば見つかりますし,見ることもできます.自分が所有しているものなら,クイックアクセスから削除すると「ゴミ箱」に入り,「ゴミ箱」を空にすると,完全に消えちゃう.

恐らく,「クイックアクセス」に表示されていても,ある程度の期間が経つか,他によくアクセスするファイルが出てくると,自然と置き換えられていくのだと思います.しかし,私の場合は目障りなので,折あるごとに「削除」たり中を見たりしていた.そのせいで,ずっと残りっぱなしになるという悪循環を繰り返していたわけですね.

これ,いつもは使わないアカウントのもので,さらに,iOS のアプリから見ていたので,他人の共有しているものをみているんだということにもずっと気が付かなかった.てっきりダウンロードしたものを見ているんだと思い込んでもいました.コレ,ある意味,ファイルの概念があいまいな環境だからずっと分からなかったんでしょうね.

以上!

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement