Brother MFC-9340CDW 雑感とプリンタ考 (1) 購入の動機

Photo by hyt.

Photo by hyt.

Brother のカラーレーザー複合機 MFC-9340CDW の雑感です.驚くほど多機能なプリンタですので,何回かに分けて紹介します.

ブラザーホームページ

  1. Brother MFC-9340CDW 雑感とプリンタ考 (1) 購入の動機
  2. Brother MFC-9340CDW 雑感とプリンタ考 (2) 設置
  3. Brother MFC-9340CDW 雑感とプリンタ考 (3) 印刷機能
  4. Brother MFC-9340CDW 雑感とプリンタ考 (4) スキャナ機能
  5. Brother MFC-9340CDW 雑感とプリンタ考 (5) FAX機能
  6. Brother MFC-9340CDW 雑感とプリンタ考 (6) まとめ

まず,購入動機から.

自宅で使うプリンターとしては,EPSONCanon のインクジェット複合機が一般的なのではないかと思います.小さくて安くて多機能で高性能ですので当然だと思います.私もこのプリンタを購入する前は 15,000円程度で買った EPSON EP-802A でした.

でも,インクジェットプリンタは,その仕組みから,ノズルが詰まる,両面印刷時に裏写りしてしまい易いなどの欠点があります.私の場合,今は単に見るだけならタブレット等の画面で表示するだけで,印刷まですることは滅多にありません.つまり,プリンタ機能は滅多に使いません.でも,日常的に使っていないと,ノズルが詰まってしまう.また,実は,我が家でたまに印刷されるもので最も頻度が高いのは,妻が印刷する料理のレシピで,写真がほぼ必ず含まれている.で,そんなものを普通紙で両面印刷すると,必ず紙が波打つか,裏写りしてしまう.

もちろん専用の光沢紙を使う手もありますが,厚手ですし,写真のように綺麗に印刷したい訳でもないので,ちょっとどうかなと.

以前から,こういう用途だと,カラーレーザープリンタの方が向いているということは分かっていました.でも,カラーレーザーは,インクジェットと比較にならないくらい高価,かつ巨大,という感覚でしたので検討の対象にはならなかったのですが,すでにそんな感覚は過去のものだと EP-802A を別のインクジェットプリンタに置き換えようと買いに行ったときに,展示されている本機(MFC-9340CDW)をみて気がつきました.

本機,価格は安いところだと4万円前後です.設置面積は,EP-802とほとんど変わりません(両面ユニット付きとの比較).さすがに現在のEPSONのモデルに比べると1.5倍程度の面積が必要ですが,それでも我慢できない程じゃない.

価格も,フルカラー・両面印刷可能な,フラッドヘッド + 両面同時読み取り可能なADFスキャナ付きであることを考えると,EPSON や Canon のものとほとんど差が無い.と言うか,そもそも両面同時読み取り可能なADFスキャナ付きのインクジェット複合機は今の所無く,一般的にはこのために Scansnap 等の専用スキャナを用意するのが普通なことを考えると,これらが1台に集約出来ることから,却って安価です.

と言うことで,インクジェット複合機を買いに行って,衝動的に本機を買ってしまったのですが,これが思惑通りだったのかどうかについては,次回以降の記事で少しづつ紹介したいと思います.

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement