SONY WF-SP800N 雑感

Photo by hyt.

SONY WF-SP800N 雑感です.

同僚が自慢しに来てくれましたので,私の持っている WF-1000XM3 と比較してどう思ったかを記しておきたいと思います.

結論としては,WF-1000XM3 と比べて,

音質は全くの別物で,耐久性と外れにくさはすごく上回ってて,外観とノイズキャンセリングは下位互換で,操作方法は全く一緒!

だと思います.

まさに,SONY の製品サイトに書いてある通りの印象です.

製品外観とケース

まず,製品本体の外観ですが,黒だからなのかも知れませんが,正直かなりプラスチッキーな感じで,高級感はありません.

Photo by hyt.

正直,パッと見たとき,かなり安いのかな……と思ったのですが,WF-1000XM3 と1500円くらいしか値段が変わらないので少しビックリしました.そのくらい見た目には大きな差があります.

これはケースについても同様です.少し光沢のあるプラスチックで,安っぽくは見えないですけど,高級感はないです.また,パッと見た目はかなり大きく見えますが,実際には WF-1000XM3 のものよりも少し小さくて軽いのは良いところでしょうか.

Photo by hyt.

Photo by hyt.

しかし,本ケース,大きな欠点があります.それは,

形状が丸っこくて,縦置きができない!

って部分です.上の写真のような置き方しかできない.

これ,意外と場所を取るので不便です.これは持ち主も同じように感じたみたいで,実際,不便なんですよね〜と言っていました.

と言うことで,製品外観とケースだけだとどう考えても1500円高い WF-1000XM3 を買うよなぁ……となると思います.

製品の使い勝手

次に製品の使い勝手についてですが,これは本製品の方が上だと思います.

まず,操作方法ですが,これは WF-1000XM3 と全く同じです.アプリも同じ Headphones アプリですし,本体の操作の仕方も全く同じです.この部分に全く違いはありません.

また,ケースからの取り出しと収納のし易さもほぼ変わりません.

Photo by hyt.

収納部分の作りは上の写真の通りです.WF-1000XM3 と比べると,本体を収める窪みがかなり浅く,こちらの方が取り出し易そうに見えるのですが,実際に使ってみるとほぼ全くと言っていいほど変わらない.普通に取り出せるし,普通に収納できます.

あえて言うなら,窪みが浅い分だけ,耳垢などが付着したときに掃除しやすいので,本製品の方が少し使いやすいのかなぁ……という感じです.

本製品と WF-1000XM3,使い勝手について最も大きな違いは,付け心地と安定性です.この部分については,本製品の方がかなり優れていると思います.

本製品の場合,支えがあります(アークサポーターと製品サイトには説明してある)が,このお陰でしょう.いっぱつで装着できますし,装着後もずれたりすることはありません.

Photo by hyt.

この部分は全く WF-1000XM3 とは違います.

WF-1000XM3 の場合,まず,しっかりと固定するためにそれなりに耳の奥まで押し込まなければならず,これがかなり手間がかかります.また,装着後も振動等で装着位置を調整し直すことがあります.つまり,本製品と WF-1000XM3 では使用中の安定感が全く違います.

また,本製品は防水防塵(IP55相当)ですが,WF-1000XM3 はそうではないのも使い勝手にかなりの影響があります.これは外観の印象から来る違いもあるのだと思いますが,WF-1000XM3 は落とさないように,壊さないように丁寧に取り扱わないといけないなぁ……という感じを受けるのですが,本製品の場合はある程度テキトーでも大丈夫な感じがします.

と言うことで,製品の使い勝手としては本製品の方が WF-1000XM3 よりも優れていると思うのですが,複数の製品で切り替えて使うことが多い場合は WF-1000XM3 の方が使いやすい.と言うのも,WF-1000XM3 には NFC が搭載されていますが,本製品にはそれが無いからです.やはり,NFC でタッチするだけで切り替得られるってのは便利です.

音質とノイズキャンセリング

最後に音質とノイズキャンセリングについてです.結論から言うと,この部分は WF-1000XM3 が大きく上回っていると思います.

まず,音質ですが,正直違うメーカーのものかと思うくらい違います.これは「良い・悪い」ではなく,音の方向性が違いすぎるんです.

WF-1000XM3 と比較して,本製品,低音が強すぎます.良くドンシャリ系と言う言い方をしますが,本製品の音は「ドンドン」系です.WF-1000XM3 の音を聴き慣れている立場からだと非常に人工的な音に感じますし,聴き疲れします.

本製品の製品ページには EXTRA BASS サウンドの製品である旨の記述がありますので,この音の味付けは意図して行われたものであることが分かりますが,個人的にはちょっと受け付けませんし,ほとんどの人が音が良いのはどちらかと聞かれれば,WF-1000XM3 の方だと答えると思います.

また,ノイズキャンセリングの効きも WF-1000XM3 の方がかなり高いです.WF-1000XM3 だと周囲の音がかすかに聞こえる程度までキャンセリングされますが,本製品の場合はそんなに静かになる感じがしません.

逆に言えば,ノイズキャンセリング性能の高さが WF-1000XM3 の音の良さを支えている部分だと思います.静かだから素直な音がそのまま聞こえてくるし,疲れにくいのでしょう.逆に言えば,WF-SP800N はそうではないから音を作る必要があるのだと思います.

どちらを選ぶか

WF-SP800N と WF-1000XM3,似た価格帯の製品ではありますが,あまりに製品の方向性が違います.選択は,

運動しながら使うなら WF-SP800N,それ以外なら WF-1000XM3

で間違いないでしょう.WF-1000XM3 は運動しながらはとても使えません.WF-SP800N とは全く装着時の安定感が違いすぎます.しかし,運動しながら使わないなら WF-1000XM3 です.ノイズキャンセリングの効きと音質が違いすぎるからです.

SONY の製品サイト通りな訳ですね!

以上!

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement