info on NTEmacs 備忘録

NTEmacs で info おかしいことに気が付いたので修正.なお,NTEmacs は ver 24.5 で IME パッチがあたっている環境です.

gzip の追加

スタートメニューから直接 NTEmacs を起動し,M-x info として info を見ようとすると,gzip が無いと怒られました.今まで Cygwin から起動しており,Cygwin には gzip がインストールしてあったので,気が付いていませんでした.

The gzip home page

から Windows 用のバイナリを取ってきて,パスを切ったディレクトリ(私の場合は C:\Opt\ntemacs\24.5\bin)に入れれば無事見れるようになります.

Cygwin への対応

Cygwin から起動した場合,M-x info とすると,何故か「Can’t find the Info directory node」となってしまう.スタートメニューから起動した場合はきちんと表示できますし,NTEmacs の scratch 上でも以下の通り正しく Info のディレクトリが設定されているようです.

おかしいなぁと思い,

EmacsWiki: Info Path

を見ていると,環境変数 INFOPATH がある場合は,こちらを優先するようです.NTEmacs で Cygwin の info ファイルを見ることは無いので,

としました.要するに,INFOPATH を空にしてから NTEmacs を起動するようなスクリプトを作って解決です.

なお,INFOPATH 以外の部分は Cygwin のパスと Windows のパスを書き換え,terminal 上から直接 emacs test.txt のようにしてファイルを開けるようにしたものですが,これは

を参考にしながら少し書き換えたものです.

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement