サンワサプライ USB-CVDK2 USB-C ドッキングステーション雑感

Photo by hyt.

サンワサプライ USB-CVDK2 USB-C ドッキングステーション雑感です.

いつもの通り結論から言えば,

値段高すぎです!国内メーカー製であること以外特にオススメできるところは無い

です.

製品仕様と購入理由と結論

USB-PD での電源供給に対応した USB-C 接続のドッキングステーションです.

USB-CVDK2【USB Type-C専用ドッキングステーション(PD対応)】USB PD(PowerDelivery)での電源給電に対応し、USB Type-Cケーブル1本の接続でHDMIディスプレイ・USBデバイス・有線LANポートを拡張できるドッキングステーション。

特徴は,

  • USB-PD で80Wまで給電可能,QuickCharge2.0対応
  • Gigabit Ethernet 対応
  • HDMI 対応(4K30Hzまで)
  • USB2.0 × 2,USB3.0 × 2,USB-C × 1対応
  • ヘッドフォンとマイク用のライン入出力対応

と全7種類に対応しています.いろいろ同様のものを見てきましたが,USB-PD で 80W とかなり高出力まで給電できるというのが少し珍しいくらいでしょうか.ただし,お値段は定価だと42,680円,実売でも25,000円とかなりお高い.Thunderbolt3 対応のドッキングステーションくらいのお値段です.

なお,本製品,私が購入したものではなくて,勤め先の情報部門が全面的な BYOD 化の検討のために試しに1台購入したもので,評価のため私にも声がかかった訳です(これ以外にも他に2製品評価のために購入したものがありますが,これらについては別の記事で紹介する予定).

と言うことで,評価ポイントとしては,果たしてこの25,000円という価格に見合うだけの価値があるものかどうかなんですが,最初の結論に書いた通り,

国内メーカー製であること以外評価できるところないです.国内メーカー製だと大量発注出来そうなのと,保証対応が(気持ち)しっかりしてそうな感じがする……だから高くても良い……

というニーズがあるのかも知れません.

なお,勤め先の情報部門の判断は,

これ1台で海外製品(中華含む)だと下手すると2台買えるので,さすがに導入は無理!予備機を少し余分に買った方が良い!

となってしまいました.

開封の儀

まず,製品パッケージは以下の通り,如何にも国内メーカー製な感じのものです.中華の簡素ではあるけどそれなりに高品位なパッケージを見慣れると,なんだかなぁ……って感じがします.家電量販店で見栄えするように作ってるんでしょうね.要は販売チャンネルの違いなんだと思います.

Photo by hyt.

付属品は以下の通り25,000円と言う割には何にも入ってません.本体,電源ACアダプター,USB-Cケーブルと非常に簡素な説明書だけ.

Photo by hyt.

本体はかなり細長いので,倒れないようにするための足がついてきていました.

Photo by hyt.

また,驚いたことに,ACアダプタとコンセントをつなぐ電源ケーブルはいわゆる海外製のミッキータイプのもの.そしてACアダプタは20V4Aで80W……と言うことは,このアダプター,USB-PDで供給できるのは,多分70Wくらいまでと言うことです(経験的にアダプターは10Wくらい使いますからね).

Photo by hyt.

じゃあ,USB-PD でどんな風に電源供給できるのかと言うと……これが全くわからない.製品サイトにも書いてないし,マニュアルにも書いてない.

本体の感じは若干の光沢感のあるプラスチックで……残念ながら高級感はなし.中華製の製品が Macbook なんかと組み合わせてもおかしくないソリッドな見た目のものが多いのに比べるとこれも何だかなぁ……という感じ.

Photo by hyt.

Photo by hyt.

正直,開けた瞬間から,商品としてのドキドキワクワク感を全く感じません.いかにも業務用のものだよなという感じしかしない.そこに置いてあれば使うけど,自分で買うかと言われると……お値段が安ければ買うけれどそうでないと買わないなぁ……としか言いようがないです.

利用雑感

と言うことで,開けた段階で,もういいかなぁ……という感じがしたのですが,一応一通りはチェックしないと仕事になりません. と言うことで,その辺に置いてあった Surface と DELL XPS 9670 で試してみましたが,まぁ,当然なんですが,

普通に使える

以外特に言うことない.ちなみに,Gigabit Ethernet は Realtek 製のチップのようです.また,Macbook でも普通に使えたとのこと.逆に言えば,この辺のものが使えなかったら話になりません.

Photo by hyt.

なお,さすがにこれだけだと参考にならないと思うので,一応,同じサンワサプライの HDMI-VGA 変換アダプター AD-HD16VGA

AD-HD16VGA【HDMI-VGA変換アダプタ(HDMI Aオス-VGAメス・ブラック)】パソコンのHDMI出力をVGAに信号変換するアダプタ。ブラック。

と組み合わせて,HDMI からアナログディスプレイ(プロジェクター)に出力できることは確認できました.

Photo by hyt.

ただし,正直言うと,お値段からしても国内メーカー製であることからしても,標準でアナログRGBに対応していて然るべきな気が……あと,本製品,ケンジントンロックに対応していないので,ある意味業務用途としても使いにくい.

と言うことで,本製品,冒頭に書いた通り,国内メーカー製品であること以外,全くオススメできる部分がありません.国内メーカー製でも例えば IO-DATA の US3C-DS1/PD

USBケーブル1本でパソコンの充電もでき、高解像度のディスプレイや様々な周辺機器がつながるドッキングステーション「US3C-DS1/PD」の商品概要ページです。

辺りの方が(スペックをみる限りは)良さそうですしお値段も安い.正直,サンワサプライ製品である必要が無い限りこれ選ぶ理由はないんじゃないかなと思います.

以上!

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement
Top