macOS で CTRL と COMMAND-L を入れ替える備忘録

Photo by hyt.

macOS で CTRL と COMMAND-L を入れ替える備忘録です.

なぜ入れ替えるのか?

コピペを macOS でするのに多用する Command-L キーですが,正直場所が悪くて使いにくいです.ずっと我慢して使ってきたのですが,我慢しきれなくなり,Command-L キーと CTRL キーの役割を入れ替えることにしました.

ただし,何も考えずにそのまま入れ替えると,リモートデスクトップの Windows で同じ面倒が生じますし,ターミナル(私の場合は iTerm2)もそうです.と言うか,macOS と Windows で同じことするのに使うキーが違うと混乱します.だから,

  • リモートデスクトップと iTerm2 の場合は元のキー配置
  • 上記以外は CTRL と Command-L を入れ替え

入れ変えたい訳です.

もちろん,同じこと思っている人は当然たくさんいそうですし,実際,設定を紹介してくれている記事もググれば,

概要とか Windows育ちで109キーボードに慣れてるけど、スタバでMacbookAirでッターンとかしたいよね。的なアレでMacbookを持ち歩いてるんだけど、なんだかんだでWindows環境が必要だからRemoteDesk...

のようにすぐ見つかりますが,情報が古いのか色々引っかかる部分があったので,私の場合の備忘録として記事にしたいと思います.

方法の詳細

ググった記事をみると大きく分けて方法は以下の2つのようです.

  • Karabina-Element を使う
  • Windows のレジストリを弄る

今回は iTerm2 もなんとかしないといけないので,Windows のレジストリを弄るのだと目的を達せませんので,フリーソフトの Karabina-Element を使う方法で行きます.

まず,やることは,Karabina-Element のインストールです.

次に,macOS の「システム環境設定」の「キーボード」のタブ,「キーボード」右下の「修飾キー」ボタンを押して現れる修飾キー役割の割り当てで CTRL と Command-L を以下の通り入れ替えます.

Photo by hyt.

次に,~/.config/karabiner/assets/complex_modifications/9999999999.json を以下の内容で作成します(これは Karabina-Element の Complex modification から参照できる設定集 https://ke-complex-modifications.pqrs.org にあった Remote Desktop 向けの設定の一部を書き換えたものです).

作成後,karabina-Element を起動し,「Complex modifications」タブを選択,+Add rule を選び,Swap command … を「Enable」すれば完了です.

Photo by hyt.

iTerm2 以外のアプリで同様の動作にしたい場合は,そのアプリ名(上の例だと,”com\\.googlecode\\.iterm2″ が iTerm2 の名前)を上のファイルの該当箇所に追加すれば良いだけです.アプリ名については Karabina-EventViewer アプリの「Frontmost application」タブを選び,該当のアプリを選択すれば表示されます.

以上!

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement
Top