MacBook (13-inch, Aluminum, Late 2008) に OS をクリーンインストールした備忘録

Photo by hyt.

MacBook (13-inch, Aluminum, Late 2008) に OS をクリーンインストールした備忘録です.

MacBook (13-inch, Aluminum, Late 2008) の概要

MacBook (13-inch, Aluminum, Late 2008) ,今から約11年前のもの.仕様の概略は,

  • Core 2 Duo 2GHz
  • DDR3 2GByte Memory
  • NVIDIA GeForce 9400M GPU
  • 1,280 x 800 LED Display
  • 8倍速 SuperDrive (DVD±R DL/DVD±RW/CD-RW)
  • 160GB SATA HDD

と,すでにかなりの骨董品です.

さすがにバッテリーは死んでますが,それ以外の不具合は(DVD-R の書き込み等含め)見当たらず,外観もキレイ.

実はコレ,我が父のものなのですが,全く使わなくなったので,中身をキレイに決して処分したいと頼まれたものなのですが,中身は古いとは言え,モノとしてはキレイなので,整備した上で何かに使うか処分するのかを考えることにしました.

macOS の対応は?

MacBook (13-inch, Aluminum, Late 2008) に対応する macOS は以下の通り.

  • 10.5 Leopard(付属OS)
  • 10.6 Snow Leopard
  • 10.7 Lion
  • 10.8 Mountain Lion
  • 10.9 Mavericks
  • 10.10 Yosemite
  • 10.11 EI Capitan

対応するものの中で最も新しいのが EI Capitan ですが,これもすでに5年前の製品です.Apple の場合,毎年新しい OS が発表されるのですでに5世代前で,さらに,セキュリティアップデートが提供されるのは3世代前までだったと思うので,いくら外観がキレイでも日常使いはできません.

とは言え,個人的なデータはキレイに消さないといけないのは確かなので,以前作っていた 10.11 EI Capitan のインストール USB メモリを使ってクリンインストールを実施することにしました.

EI Capitan のインストール

と言うことで,EI Capitan のインストール USB メモリを MacBook の USB ポートに挿し,OPTION キーを押したまま電気を入れ,USB メモリから起動したのですが,

何故かインストールを始めると,「この OS X EI Capitan インストール.app アプリケーションを検証できません.ダウンロード中に破損したか不正に変更された可能性があります」

の様に表示され先に進めません.

仕方がないので,10.10 Yosemite, 10.9 Marveriks の順に試してみたのですが,やはり同じ様なエラーが表示されます.一つだけならともかく複数で同じようなエラーが出るのはさすがに変だなぁ……と思ってググってみると,

Appleの中間証明書の有効期限切れに伴い、2016年2月14日以前に作成したOS Xのインストールディスクが利用できない状態になっているそうです。詳細は以下から。

に原因が載せられていました.

どうも,

2016年2月14日以前に作成した OS X インストールイメージは,Apple の証明書の有効期限切れが原因で(そのままでは)全て利用できない

様です(10.7 Lion までの製品同梱インストールディスクは無関係).

対策は,

  • Mac の時計を2016年2月14日以前の日付にする(Terminal で sudo date 0201010116 コマンドを発行する).
  • インストールイメージをダウンロードし直して作り直す.

のいずれか.

正直インストールイメージの作り直しはかなりダウンロード量が大きく面倒なので,Mac の時計を変更してインストールし,その後,正しい時間に戻して対応しました.

クリーンインストールしてみた雑感

と言うことで,無事,EI Capitan をクリーンインストールできたのですが,やはり,

かなりの時間が掛かりました.

最も時間がかかったのは,証明書の期限切れに気が付かず,いくつもの OS でアレコレ試したことですが,EI Capitan 自体のインストールも約2時間程度かかりました.

しかし,インストールした後は,

意外なほど普通に使えます.

普通に Web を見たり,何かのファイルを編集したりするくらいなら十分耐えられる速度で動作します.つまり,標準の HDD とメモリ 2GByte でこれですから,SSD に換装し,メモリを追加すれば,セキュリティの問題を除けば十分に使い物になりそうな感じです.

この時代の MacBook の場合は,バッテリー,メモリ,HDD の交換が易しく,また,DVD ドライブや有線LAN等が内臓されています.いまでもごくたまにですが,DVD や CD のメディアを持ち込まれることがありますので,正直,本機,処分しようかどうしようか今のところ迷い中です.

しかし,証明書の期限切れで緊急時のためにせっかく作ってあったインストールイメージが使えなくなってしまうってのはどうなんでしょうねぇ…….例え作り直してもまた証明書の期限が切れたら使えなくなる訳で,この辺,何となく違和感を感じるんですよねぇ…….

以上!

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement
Top