Anker Soundcore Liberty Air 雑感と備忘録

Photo by hyt.

Anker Soundcore Liberty Air 雑感と備忘録です.

最近,周りをみるとチラホラと完全ワイヤレスヘッドセットを見かけるようになりましたし,あと,デザインが好みで,比較的安価でしたので,Anker の最新の完全ワイヤレスヘッドセット Anker Soundcore Liberty Air のホワイトを買ってみました.

いつもの通り,結論から言うと,

値段の割には(約8000円)良いですね.これ.他のものを全く使わなくなってしまいました.あと,充電が USB Type-C だったら完璧だったのに……

です.

開封の儀

まずは開封の儀から.まず,外箱の作りから凝っています.

Photo by hyt.

Photo by hyt.

一見,筒状で,内容物を引き出す形に見えますが,実は,上の下の写真の左側の少し青く見える部分が開く作りになっています.

Photo by hyt.

なお,このフタ部分,磁石できちんと止まるようになっていますし,かなり大きさの余裕があるので,製品をとても収納しやすい(収納すること無いんですが……とても丁寧な作りです).

内容物は上の写真にある通り,

  • 本体
  • 充電ケース
  • microUSB のケーブル
  • イヤピース3種(本体に付いているものを合わせて4種イヤピースは付属)
  • 保証書
  • 説明書(分厚い)
  • なんだかよく分からない Happy? と書かれた四角い紙

です.

最近の製品らしく,充電機は付属しない

ことに注意が要るかなと思います.で,本体は,充電用のケースに収められていました.

Photo by hyt.

見ての通り,充電ケースには,バッテリー残量を表示するための3つの穴が設けられています.本体の充電口は,

Photo by hyt.

を見ての通り,耳から飛び出る棒状の突端にあるのですが,ケースへの収納は,この某の部分を差し込む形で行うわけですね.とても収納しやすいです.要するに,

AirPod とほぼおんなじ感じですね.本体デザインもかなり似ていますし.

さて,このケース,充電口が,本体を収納するときに開けるフタとは逆の方にあります.

Photo by hyt.

見ての通り,この部分かなり丸っこいので,この面を下に向けてケースを置くと簡単に転がってしまいますが,逆にフタの方は真っ平らなので,

Photo by hyt.

の通り真っ平らです.と言うことで,机の上に置いて置くときは,充電口が上にくる形になる訳ですね.

本体のデザインはぱっと見,AirPod 系,と言うか,AirPod よりも少し大ぶりな感じ.

Photo by hyt.

AirPod の場合,耳から飛び出ている部分が細いせいで,なんとなく,ケーブルが途中で切れているような感じがするのですが,本機はこの部分がそれなりに太い.このおかげで,装着するとよりヘッドセットっぽく見えます.

音質と使用感(つけ心地)

私はあまり音質にはこだわりがない方ですし,あまり耳も良くないのですが,なんとなく

引き締まった感じ

の音がします.よく言えばシャープ,悪く言うと硬い感じの音です.

つけ心地は,これも完全に主観ですが,

これまで使ったものの中では最も良い

です.ある程度使っていると,つけていることを忘れてしまう程度には良いです.なお,歩く程度だと耳から外れることはまずなさそうですが,さすがにランニング等には耐えられなさそうです.

ケースから取り出せばすぐに繋がるのも良いところですね.また,電池のもちも十分です.本体だけで5時間,ケースで追加して20時間らしいですが,こんな長時間充電できないことなんてほぼ(少なくとも私の場合は)ありえませんし,実際,最長で2時間くらいしか連続して使用すること無いからです.

なお,本機,もちろんマルチペアリングにも対応しているようですが,何台までいけるのかはよくわかりません.ケースから取り出してすぐにつながるのは,最後に接続した機器なこともいたってフツーだと思います(どうもマルチポイントには対応してなさそう).

ちなみに,マルチペアリングの台数ですが,

  • iPhone7
  • iPad Pro
  • d-tab (d-02K)
  • Dell XPS

の4台にペアリングさせ,普通に使えますので,少なくとも4台以上であることは間違い無さそうです.

あと,音量は iOS と Windows に接続させた場合は十分以上なんですが,なぜか,d-tab に接続した場合はかなり小さい.最大近くまで音を大きくしないといけないのが少しきになるところです.

なお,そんなしょっちゅうではないですが,たまに片方からしか音が聞こえなくなることがあります.この場合は,本機を覆うように(ただし,完全に覆い隠してしまわないよう)手を耳の近くに添えてやると復帰しますので,あまり気にしていないのですが,やはり完全ワイヤレス故の不具合はある,と思っておいた方が良いと思います.

操作について(備忘録)

備忘録をかねて,操作方法について少し記しておきます.

まずはペアリングからですが,取り出して近づければ良いだけです.迷うことは無いでしょう.

ペアリング(左右の接続)

  • ゆっくりと白色点灯 ⇒ 1秒間白色点灯

ペアリング(機器との接続)

  • 速い白色点灯 ⇒ ゆっくりと白色点灯

しかし,その他の操作は分かりにくい.操作は,本体,soundcore と書かれた上の丸っこい部分をタッチして行うのですが,

2回タッチか,2秒長押ししかできない.

Photo by hyt.

操作方法(音楽)

  • 右2回タップ:再生/一時停止
  • 右2秒長押し:曲送り
  • 左2秒長押し:曲戻し

操作方法(電話)

  • 右2回タップ:受話/終了/保留新規受話
  • 右2秒長押し:着信拒否/保留切替

操作方法(その他)

  • 左2回タップ:Siri 他音声アシスタント起動

と言うことで,これちょっと意外だったんですが,

音量調整を本機から行えない

んです.もしかしたら完全ワイヤレスの場合はこれが普通なのかもしれませんが,これ,意外と不便です.また,今のところ,音声アシスタントは iOS の場合は Siri 固定で,Google アシスタントに切り替えできません.

私の場合は音声アシスタント使ってないので,あまり気にならないんですが,将来的にはぜひアプリか何かで切り替えられるようになると嬉しいなぁ……と思います.

まとめ

本機,私にとって初めての完全ワイヤレスなんですが,

ワイヤードには戻れません!!!

ケーブルが無いってホント快適なんですね.正直,値段を考えると,

何で新製品なのに USB Type-C に対応してないの?

って事以外,文句のつけようのない製品です.逆に言うと,USB Type-C 充電が可能なケースが出たら間違いなく購入しますし,また,基本的には本機のデザインのまま,ノイズキャンセリングや外音取り込みなんかに対応するものが発売されたなら,間違いなく買い換えます.

本機,物凄い勢いで売れてる様ですが(実際,ネットショップで私が買うときも,物凄い数の人が購入検討中と表示されてました),然もありなん,ってホント思います.

完全ワイヤレスの入門機として間違いなくオススメできる逸品だと思います.

以上!

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement