LENTION USB-C Hub C56 EH 雑感

Photo by hyt.

LENTION USB-C Digital AV Multiport Adapter の雑感です.前回記事の dodocool DC50 は

同僚が購入したものを見せてもらったのですが,今回は私の購入品です.新しく買った MacBook Pro 13 (2017) で使うためのもので,AMAZON で約5,500円でした.

LENTION って?

さて,まずは気になるのは LENTION って何処のメーカーかなってことですが,いつもの通り,中国のメーカーのようです.ただし,深圳ではなく,その近くの広州市が本拠の様で,公式サイト

を見ると,デザイン性の高い周辺機器を作るメーカーのようです.

C56EH 開封の儀

今回買った製品も,なかなか高級感のあるデザインで,製品の箱等には記されていませんが,製品ページだとどうも C56EH っていう型番の製品の様です.

Photo by hyt.

箱のカバーのデザインは上の写真の通り非常にシンプル,で,この箱のカバーを外すと,

Photo by hyt.

バレンタインチョコレートの箱ですか?

って感じのなかなか高級感のある箱が現れます.蓋を開けると

Photo by hyt.

パラフィン紙と非常に簡単な説明書とスポンジできっちり固定された製品が入っています.本体がオシャレなだけでなく,全体が非常に綺麗です.

もちろん製品自体の作りもかなり高級感があります.

Photo by hyt.

色合い等,MacBook Pro 13 のスペースグレイと完全にマッチするよう作られている訳で,ある意味純正品よりも純正品らしい見た目で,少なくとも外見に関しては全く文句の付けようのないレベルです.

Photo by hyt.

C56EH 利用雑感

MacBook Pro 13 (2017) で使う限りにおいてですが,

今のところ全く問題なく使えます.

USB-PD で給電しながら,きちんと 4K, 30Hz の表示が行えます(DELL P2715Q で試した)し,きちんと Gigabit でリンクします.もちろん,USBメモリ等も普通に使えます.

Photo by hyt.

なお,本製品,AMAZON の製品ページによると,USB-PD により 55W までの給電に対応しているとの記述がありますが,実際に試してみると,

  • MacBook Pro 13 純正 61W AC アダプタと直接接続 ⇒ 60W 給電
  • 本製品経由で上記純正 AC アダプタを利用した場合 ⇒ 52W 給電

となります.本製品を経由させると 8W 低く給電されますが,MacBook Pro 13 の動作にどのような影響があるのかは良く分かりません(たぶん問題ないんだと思います).

参考までに,本製品をつないだ場合のシステム情報のUSBの表示は以下の通り.

USB は VIA のチップ,ネットワークは Realtek のチップが使われているようですね.

C56EH & Xperia XZs

さて,MacBook Pro 13 との組み合わせで全く問題なく使えましたので,当初の目的通りと言うことで,私個人としては大変満足なのですが,せっかくですから他の機器でも使えるかどうかも試してみました.

と言っても,私が持っている USB3.1 に対応している機器は Xperia XZs だけです.たぶん全部の機能は使えないだろうな……と思ってましたが,その通りでした.以

  • Gigabit Ethernet: 不可
  • HDMI: 不可
  • USB-Hub: 可
  • USB-PDによる給電: 可(USB-Hub と排他)

Gigabit Ethernet と HDMI はともかくとして,USB-PD による給電と USB-Hub が両立できると面白かったのですが,残念ながらダメみたいですね.Xperia XZs の仕様なのだと思います.

C56EH まとめ

本製品,5,000円台半ばで買えるドッグとして見れば作りが良く,安定して使えているので,上にも書きましたが,

大変満足

です.なお,Xperia 以外の USB3.1 対応機器でどの程度使えるのかには興味があるので,機会があれば試してみたいと思います.

以上!

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement