Logicool K380 MULTI-DEVICE BLUETOOTH KEYBOARD 雑感

Photo by hyt.

Logicool K380 MULTI-DEVICE BLUETOOTH KEYBOARD 雑感です.気が付けば Logicool ばかり…の第15弾ですが,今回も第13弾と同じく私のじゃなくて,知り合いの営業さんのものです.

短い時間ですが,使ってみた感じは,

お値段以上(まさに「ニ〇リ」)なコンパクトキーボード

です.

まず,デザインは,K780 と同系統です.高級感があるとは言えませんが,安っぽくは見えません.

Photo by hyt.

と言うか,K780 のスマホスタンド部分とテンキー部分を省略したら K380 そのまんまに見えるので,K780 と同じような使い心地かと思いきや…

実は結構違います!

大きな違いは以下の通り.

  1. キータッチが K380 の方がかなり浅い!
  2. Unifying に対応しません.

何というか,このキーボード,実際に打ってみると,キーの押し込み量がかなり浅い.最近の MacBook ほどではないけど,かなりそれに近いです.見た目,とてもそうは見えないんですが,浅いキータッチが苦手は人はこのキーボードは避けたほうが良いと思います.

あと,K780 は Unifying 対応ですが,このキーボードは Bluetooth のみです.3台までペアリングできて切り替えられるのと,

Logicool FLOW 対応!

なのは K780 と同様……なんですよねぇ…….同じように Bluetooth にのみ対応した K810 は Logicool FLOW 未対応なのに……すごく K810 の方がお値段も高いのに…….

気が付けば Logicool ばかり… の第9弾は,Logic...

ちなみに,裏面は,

Photo by hyt.

のように非常にシンプルな見た目で,

Photo by hyt.

電池は単4電池2本です.K780 と違って,裏蓋はそこまで開けにくくはありません.なお,電源スイッチは,

Photo by hyt.

左側側面にありますが,これは K780 と逆側です.左右が違うだけで見た目全く同じに見えますねぇ…….

このキーボードが AMAZON とかだと 3000円切るんですよねぇ…….K780 だと7000円くらい,K810 だと12000円もするので,ホント,「ニト〇」なキーボードだと思います.軽いですし,持ち運び用に1台確保しておいて損はないキーボードだと思います.

なお,過去の「気が付けば Logiool ばかり」は以下をご覧ください.

以上!

スポンサーリンク
large rectangle advertisement
スポンサーリンク
large rectangle advertisement